PIXYDA

製品の特徴

グローバル基準の ドライブレコーダー

動画を再生する

ダブル駐車監視で 映像を録画

衝撃検知録画にプラスしてモーション検知録画または、タイムラプス録画で駐車中の当て逃げやいたずらの監視に最適です。

  • モーション検知録画とタイムラプスは同時には使用できません。どちらかの選択となります。
  • 別売りのオプション品(PDR011)の接続ケーブルが必要です。

衝撃検知 録画

モーション 検知録画 (駐車時のみ)

タイム ラプスを搭載 (駐車時のみ)

衝撃Gセンサー(3軸加速度センサー)により、衝撃を検知すると、事故前後の一定時間の映像を上書きされないよう専用フォルダに保存します。センサー感度は好みに応じて5段階で感度設定ができます。

エンジンOFFで、人や車などの動きを検知して記録を開始します。買い物時などの短時間の駐車にも対応します。

1秒に2フレームずつ撮影する方式により映像ファイルのサイズを小さくすることで、従来の駐車録画保存方式に比べて長く録画映像を記録できます。

  • 10分間の録画映像を2分間の映像に短縮して再生します。
衝撃検知録画
モーション検知録画(駐車時のみ)

4つの安全運転警告

ドライバーの安全のために「車線逸脱警告」、「前方衝突警告」、「低速前方衝突警告」、「前方車両発車警告」機能を搭載し、危険な状況においてアラームで警告をします。

WDR機能 (映像画質の ワイドダイナミックレンジ)

広域逆光(白とび)/ 暗所(黒つぶれ) 補正(前方/後方)

走行中、強い太陽光やトンネルの出口から射し込む強い光などを抑え、建物の影や高架下などの暗い部分を鮮明にして、色彩バランスを調整した映像を保存します。

その他機能

スマートファンクション/ モバイル&PC

録画された画像を スマートフォンとPCで確認

お使いのスマートフォンと本製品をWi-Fi接続で、画像の確認や録画機能の設定、安全運転警告の設定の更新などを行うことができます。
またmicroSDカードを接続させてPCでも確認できます。

各部名称

各部名称

オプション

ページの先頭に戻る