よくある質問・マニュアル

よくある質問

前後の同時録画(付属の32GB microSDカード)での時間です。

メモリの割り当て設定がデフォルトの「走行優先」で、録画画質が「高画質」の時。


  • 常時録画→約112分間。
  • イベント録画→約23.5分間
  • 駐車録画→約23.5分間

ナンバープレートも録画できます。 フロント約370万画素、リア約207万画素の高画質で録画できます。また、前後共にSTARVISを搭載しており、夜間の撮影でも、人や物をはっきりと映した映像を録画でき、 後方カメラはWDR/HDR機能を搭載しているため、明暗差のある場所での白とびや夜間での黒つぶれを低減します。

エンジンが始動していない駐車中でも、車のバッテリーを使用して録画を続ける機能です。
※オプションの常時接続ケーブル(DOP30)が必要です。
本製品は車のバッテリー上がり防止のため、駐車録画録画を停止する機能が搭載されているため安心です。
また、 本製品では更に下記の機能を搭載しています。


  • 人や車の動きを検知して録画を開始する「動体検知録画」
  • 車への衝撃を検知して録画を開始する「衝撃イベント録画」
  • 静止画をつなげてコマ送り動画にする「タイムラプス録画」

設定画面から「動体検知録画+衝撃イベント録画」、「タイムラプス+衝撃イベント録画」の組み合わせから録画方法を選択できます。 防犯対策としても最適です。

オプションの常時接続ケーブル(DOP30)が必要です。常時接続ケーブル(DOP30)が正しく接続されていないと、駐車録画が正常に起動できません。

オプション「DOP30 常時接続ケーブル」での配線/取り付けは、必ず専門の熟練した技術者が行ってください。

カメラの詳細は下記をご確認ください。

  • 【フロントカメラ】1920×1920(約370万画素)・水平360°/垂直240°
  • 【リアカメラ】1920×1080(約207万画素)・水平130°/垂直65°(対角160°)

ビジネスモデルのノートブックなどで、グラフィックボードのスペックが低いパソコンでは要件が満たされていても動作が行えない場合がございます。
また、PCのバージョンアップ等により、専用ソフトのバージョンが対応できてない可能性がございます、最新のPCビューワーをこちらからからダウンロードしてお試しください。

microSDカードのフォーマットを行ってください。再度アナウンスが流れた場合、microSDカードが破損している可能性があります。新しいmicroSDカードに差し替えてください。

上書き設定が「OFF」もしくは「常時のみ適用」の設定になっている場合はファイルがたまって、容量が足りなくなります。 上書き設定を変更してください。または、センサー感度を「ロー」に変更してください。

GPSを内蔵しておりますので、PCビューワー上でも正確な位置情報、速度、日時を確認できます。

取り付け位置によっては受信感度が落ちる可能性がございます。ダッシュボード上などGPSが受信しやすい位置にお取り付けください。

受信環境の悪いトンネル内の走行や、地下駐車場などでは正確な位置情報が記録されません。

はい、対応しております。

LED信号機は高速点滅している映像となります。

microSDカードのフォーマットを行ってください。それでも録画できない場合は、microSDカードが破損している可能性があります。新しいmicroSDカードに差し替えてください。

申し訳ありません、Macには対応しておりません。Windows8/10のみの対応となります。

は補助バッテリーを接続しない場合は使用しません。補助バッテリー(F300)を接続の際は「設定」→「駐車録画設定」→「バッテリー保護電圧」→「補助バッテリー(11V)」を選択してください。こちらを選択しないと警告画面が出ます。

安全支援機能のデフォルト設定はOFFです。
「設定」→「安全支援設定」で〔表示のみ〕〔警告音〕〔音声警告〕から選択してください。またGPSが受信できない環境では、本機能は作動しません。

「ADAS設定位置調整」を行わないと正しく反応しません。必ず設定を行ってください。

フロントカメラの端子が抜けている可能性があります。フロントカメラ側もしくはモニター側の端子が奥まで差し込まれているかご確認ください。

地図の表示にはインターネットへの接続が必要です。また、GPS信号が受信できていない場合は、走行の軌跡は表示されません。

この商品に関するお問い合わせはこちら

マニュアル・最新ビューワーソフト

PIXYDA LINEUP

ご購入はこちら